カロリーコントロールで体重を落として痩せる

体重を減らして痩せることが目的ならば、適正にカロリー量を増減させることです。

使うカロリーが、食事などで補給するカロリーより多ければ、徐々に体重は痩せるでしょう。

活動に必要なカロリーは消費されますが、余剰のカロリーが体内に残っている場合は、下腹部や腰回りに脂肪の状態で貯め込まれていきます。

痩せるために何かしたいと考えるなら、摂取カロリーの少ない食事を目指すといいでしょう。

カロリーコントロールをするためには、使うカロリーと、体内に取り入れるカロリーを、意識的に制御する必要があります。

痩せるには、体内に貯め込まれている脂肪をエネルギー源として使う必要があります。

手っとり早い方法は、摂取カロリー以上に、運動のためにカロリーを使うことです。

ダイエット

1日の消費カロリー

個人差はありますが、人の体は、1日に1200kcalのエネルギーを最低でも必要としています。

体を動かさずとも消費するエネルギー量のことを、基礎代謝といいます。

最終的に痩せたいと思っている体重×30が、1日に消費したいカロリー量となります。

目標となるカロリー量を踏まえて、摂取量と消費量を調節することで、痩せることができます。

健康や、美肌に配慮しながら痩せるには、運動による消費カロリーの増加が大事です。

痩せるためには、1日に摂取するカロリーと、使うカロリーとのバランスを考えながら、調整をして体重を減らすことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加