簡単にできる痩せる習慣

簡単に痩せる方法はないかと頭を悩ませる人は多いですが、鍵は生活リズムの中にあることがあります。

ダイエット中はとくに食事制限などをしているとお腹がすいて我慢できなくなり深夜にうっかり食べをしてしまうことがあります。

夜中にテレビを見ていたらおいしそうな食事風景がうつり、たまらず自分も食べてしまったという人もいます。

だらだらと食事をする傾向がある人ほど、うまく痩せられないと悩んでいることがあります。

本気で痩せるつもりであれば、寝る3時間前から食事をするのはやめることです。

夜中に食事をすると、消化活動のさなかに寝てしまうことがあります。

眠っている時も消化をすることになると、眠りにくくなります。

痩せるために寝る3時間前から何も食べないという習慣を身に付けようと思っても難しい人も多いようですが、ちょっとした工夫で簡単に実行することができます。

ダイエット

食欲抑制ホルモンが過度に分泌されることがないように、睡眠はしっかりとりましょう。

個人差はありますが、6~8時間が望ましいと言われています。

日中はなるべく1万歩以上歩くように心がけ、体を疲れさせて入眠しやすいようにしましょう。

夜中に食事が出てくるような番組を見るのは避けましょう。

そして夜中に食事がしたくなっても、翌朝に回すことです。

眠りにつく1~2時間前を目安にしてお風呂に入ってください。

体温がゆっくり下がるにしたがって、眠気も増してきます。

夜半に空腹を感じている場合は、暖かい飲み物を少しずつ飲んで胃を落ち着かせます。

夜中にコンビニで買い物をすることがないように、家に帰ったら即座にメイクを落として部屋着になってしまいましょう。

少し生活習慣を工夫することで簡単にうっかり食べを防ぎ痩せることができるでしょう。

プエラリアは女性のホルモン調整もしてくれるので上手に利用すると役立ちます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加